ソロナンバーの立ち上げ②-3 戦法の設定

ソロナンバーの立ち上げ②-3 戦法の設定

ビート分けが済んだら、次は「ビートごとに戦法をあてがう」作業に進みます。

戦法 ≠ 「こんな風に歌う」

戦法は、「こんな風に歌う…という表現の仕方」とは似て非なるものです。

みなさん、歌うとき/台詞を言うとき、「ここは優しく」とか「もうちょっと激しく」「もっと切なく」など、「こんな風に…」という表現の仕方を優先して演技する人はいませんか?しかし、リアリスティック演技理論においては、「こんな感じに歌う/話す」を優先させて演技するのは御法度です。なぜなら、それは結果優先の演技/イメージだけのなんとなくの演技に陥るからです。

もちろん、最終的に演技にヤスリをかけるときには、理屈抜きで、「もうちょっと滑らかに/強く」などというイメージは必要です。演出家や歌唱指導者からもそのようなアドバイスを貰いパフォーマンスを形作ることもあると思います。ただ、重要なのは、最初から結果に走らないためには「こんな感じ」ではなく「なぜ、どういった意志で」という戦法をもって行動する…ということです。

台詞を言うとき/歌うとき大切なのは、“どう見えるか”ではなく、“どういう意志/意図で行動するか”です。

さらに、もうひとつのポイント、

戦法として使うことばを探す時に心情を吐露するソロナンバーの場合は自動詞で構わない。(ストレートプレイのシーンでは他動詞)   *戦法の具体的な導き出し方は過去記事を参照ください。

 

では、例を見ていきましょう。

=メンバー限定公開部分=

*ここから先はメンバー限定公開です。Actors Dockセッション&栗原の外部ワークショップ受講済みの方が閲覧いただけます。*

 

戦法の言葉を考える為の思考の流れ。

=メンバー限定公開部分=

もしかしたら、深呼吸するという戦法を持って♪人みな眠る夜ひとりで歩こう あの人思えば幸せになれるよ~♪と歌ったら、結果的にエポニーヌの健気さが表現されるかもしれませんよね。

戦法が「役を生きるため」に役立つ理由。

繰り返しますが、ミュージカルナンバーは、「なぜその言葉を発するのか?という、人物の意図」を理解したうえで歌うことが大切です。当たり前のことのようですが、具体的に細かく意図をもって各フレーズを歌うのには緻密な準備が必要です。それが、脚本分析です。

脚本分析をして導き出した戦法でフレーズを歌うことで役の心理を作家の意図に近い形で体現できます。そして、その戦法(意図)を念頭に歌うと、そこに俳優自身が投影されやすくなります。

エポニーヌの「辛さを外に吐き出したい」気持ちと、俳優が「(違うシチュエーションであっても)辛さを吐き出したいとき」の気持ちが自然とリンクするわけです。これがパーソナライズ作業のうちの一つです。

Step1の脚本分析により、エポニーヌがなぜ一人夜の街を彷徨うのか?何のためにそういう行動をするのか?を理解した後に、Step2で、歌詞をビート分けし戦法を設定する。この作業を基礎として、Step.3では様々な方法で「パーソナライズ作業」を進めるわけです。

さて、次回からはパーソナライズをする作業の解説に移りたいと思います。