【ロジカル演出術】③ 稽古前準備 [概要]

【ロジカル演出術】③ 稽古前準備 [概要]

ここからは演出家が稽古開始前にすべき準備事項をまとめていきます。

私がアクターズ・スタジオ大学院の演出家クラスで学んだ準備事項と方法について整理してみたいと思います。

準備項目は?

作品の稽古開始前までの準備としては主に以下の項目が挙げられます。

  1. リサーチ
  2. プロントブック作成
  3. コンセプト・ブック作成
  4. ロードマップ

1.リサーチ

作品の背景については勿論のこと、作家の他の作品やバイオグラフィーについてもリサーチをします。

2.プロンプトブック (Prompt Book) 作成

脚本分析結果や演出プランを簡潔にファイル形式にしてまとめたものを作ります。

3.コンセプト・ブック作成

デザイン・クリエイティブ・スタッフ(美術・照明・音響・小道具)とのコミュニケーション・ツールとして、コンセプトブックを作ります。デザインだけでなく、他のクリエイティブ・スタッフ(振付家・音楽アレンジャー・歌唱指導者 e.t.c.)とのコミュニケーションにも使用できます。

4.ロードマップ

稽古期間をいくつかのプロセスに分け、どのような段階を踏んで俳優を導いていくか?を計画します。

作品のスタイルや、俳優のキャリアなどのバックグラウンド、様々な事項を考慮したうえで「作品完成までの稽古プロセス」を作ります。

以上が簡単な準備項目です。

こうして見ると、現役の演出家の方にとって特に目新しいことはないと思いますが、これらの準備を「どのようなポイントに着目し、どういった方法で行うか?」について、欧米式のロジカルシンキングの特徴があります。

次回からは、各項目について詳しく解説していきたいと思います。